在宅医療
在宅医療
なないろ薬局の在宅医医療への取組み

お薬について色々な疑問や不安を解消します

お一人暮らしや寝たきりの状態など、薬局までお薬を取りに来られることが難しい方に対して、なないろ薬局では薬剤師がご自宅にお伺いし、お薬の説明や助言、管理を行う在宅医療に力を注いでいます。
医師の指導の元、患者様に適したお薬の提案を行います。

在宅医療の流れ
在宅医療の流れ
お薬の管理
ご自宅で服用されずに残っているお薬や、施設に入居時に持参されたお薬などの整理をいたします。
また、複数の医療機関を受診されている場合の負担軽減が出来るようにご相談させていただきます。

患者様それぞれに合った形で調剤

一包化・粉砕
一包化とは、複数のお薬を1つにおまとめすることです。
一包化することによって、お薬のお飲み間違いやお飲み忘れを防ぐことができます。
また、袋の上部に朝・昼・夕・寝る前の各用法毎に色分けしたラインを引き文字だけではなく色で各用法が一目で分かるように工夫しております。

調整が必要なお薬、例えば下剤や血糖値のお薬などは毎日服用するお薬とは別にセットしておりますので体調によってお薬を減らす時にも安心です。
また、錠剤やカプセルのお薬が飲みこみづらい方には、お薬を粉砕してお届けすることも可能です。

お薬の一包化

ご自宅・施設までお薬をお届け

ご自宅や施設で療養中の方で薬局までお薬を取りに来られることが難しい患者さまに対して、なないろ薬局では薬剤師がご自宅や施設にお伺いし、お薬の服用方法の説明や市販薬、健康食品や食べ物との飲み合わせ、お薬の副作用がないかを確認いたします。

お届けする時も患者様や施設様のご希望に沿った形でお届けいたします。

配役の形態
費用について
お薬代は介護保険・健康保険を利用し、1~3割の個人負担金がかかります。 (生活保護、福祉医療、特定疾患など各種医療証をお持ちの方は 負担金がかからない場合があります)

お薬代以外に下記の費用が必要となります。
公費の補助を受けられている方は、無料になる場合もございます。
費用について
※但し、麻薬処方の場合、+100円になります。(1割負担の場合)
癌末期および、中心静脈栄養法の対象患者様ついては、週2回かつ月8回迄算定可能になります。

お支払い方法につきましては、お引き落し・お振込み・集金等ご相談に応じます。
夜間・休日も安心の24時間365日の対応
交代制で夜間・日・祝日も薬剤師がスタンバイしておりますので急な処方にも素早く対応いたします
フロアマップ

Copyright © Jin pharmacys corp. All Rights Reserved.